Menu

賃貸住宅はどんなものが良い?選定するときのチェックポイントを紹介します


収納スペースが多いと便利です

賃貸住宅を利用するときに注目しておきたいのが収納スペースです。できるだけ持ち物を増やさずに生活するのが理想的ですが、季節ものの衣類などを購入するとどうしても物が増えてしまいます。そうなると収納できる場所が足りなくなってしまうのがネックです。そこで賃貸住宅を購入するときには収納スペースが多い物件を選定しましょう。収納スペースが多いと衣類や荷物を沢山置くことができます。マンションなどの賃貸住宅の場合は床面積に対して10%くらいの収納スペースがあると非常に便利です。基本的に物件の間取りはすでに決まっています。後から荷物が起きにくい事に気づいてしまっても手遅れです。そうならないためにも収納スペースの広さはチェックしておきます。

耐震性が高いところならかなり安心

物件を借りるときに耐震性もチェックしましょう。耐震性を理解するときに利用できるの新耐震基準です。これは1981年の6月1日以降に建設確認を受けた物件に採用されています。それ以前の物件は耐震補強工事をしているのかをチェックしましょう。物件には耐震等級と呼ばれるものが設定されているのが特徴です。これは等級3が一番耐久性の高いクラスです。賃貸物件を利用するときには等級3が望ましく最低でも等級2の物件にします。また建築方法により耐震性はかなり違いがでてきます。不動産屋に行ったときには担当スタッフに各物件の建築方法も聞いておくのが安心です。新耐震基準は2000年も転換期です。2000年以降の物件は基礎形状や接合部の接合方法など細かく指定されています。

北見の賃貸探しでは、石北線沿い、特に西北見駅から柏陽駅間が物件豊富で充実しています。設備、立地、家賃など様々な切り口から絞り込んでいく事が出来ます。