Menu

土地探しに役立つ重要な注意点をご紹介します!


リスクの高い土地は避ける

幸せにずっと長く暮らすためには土地探しは重要です。マイホームを建てたからといって幸せに暮らせるとは限りません。最近ではゲリラ豪雨や地震など、いつ起こるかわからない災害が頻繁に起きています。ですから、下調べせずに地盤が弱い土地を選んでしまうと、お家が浸水してしまったり、崩壊や火災などの大きな被害が起きて暮らせなくなってしまうことにもなり兼ねません。そうならないためにも、住みたい土地が見つかったら、自然災害に強いかどうか、自治体の対応などをよく確認しておくと良いでしょう。各自治体では、地震や洪水に応じたハザードマップを作成しているところは多いです。危険地域が一目でわかるので、参考にしてみてください。また、何か災害が起こったときに、避難場所もチェックしておくといいでしょう。

異なる時間帯で何度か見学をする

土地選びは、そこに住むことをイメージして、朝・昼・夜と3度ほど現地に足を運んでみてください。同じ時間帯に見学してもわからない、通行量や騒音などを確認できます。朝の通勤や通学のしやすさは大切です。あまりにも通勤・通学路の道が狭かったり、交通量が多いと事故の危険性は高くなるでしょう。また、昼や夜の騒音具合も把握しておくことは必要です。騒音は見落としがちなチェックポイントになります。住んでみて初めて近くに音が気になる製作所があったり、サイレンが鳴る消防署などが周囲にあることに気付かされます。騒音はストレスになる要因の一つです。快適に暮らすためには、時間帯を分けて何度か足を運び、状況を見ておきましょう。

預金の一部を頭金にして2000万の家を購入する事ができます。頭金が多いと残金が減り、月々のローンの負担が軽減します。