Menu

引っ越し準備でありがちな失敗と対策について


引っ越し準備失敗あるある

賃貸物件を新しく借りた場合に必ずと言っていいほど行わなければいけないのが引っ越し準備です。ところが分かってはいるけれどもなかなかうまくいかないのが引っ越し準備でもあります。引っ越しを経験した人は引っ越し準備でどのような失敗をしているのでしょうか。とあるアンケートの結果最も多かったのが荷物をどこにしまったか分からなくなったというものです。引っ越しの際に持って行く荷物を箱にしまい、引っ越し先へ行ってホッとしたのもつかの間、荷物を出す時にどこに何の荷物をしまったか分からなくなり荷解きに苦労したというトラブルです。箱には必ず何を入れているかを書くようにしましょう。

そのほか多かったトラブルとしては自分で荷造りをしようとしたものの、当日までに間に合わず結局業者に荷造りを依頼したというトラブルや荷物を移動させる際に荷物を壊したというトラブルに見舞われたという回答が多く見られました。

トラブルの原因は共通しています

実はこれら3つのトラブルの原因は全て共通しています。その原因とは引っ越しの準備に十分な時間を確保できなかったというものです。十分な時間が確保できなかったからこそ、箱に荷物を適当に詰め込んで名前を書き忘れたわけですし、時間がなかったからこそ荷造りが当日になっても終わらなかったと考えられます。荷物を壊したというのも慌てて運んだからこそ発生したトラブルと言えるでしょう。引っ越し準備というのは自分が思っている以上に時間がかかるものです。賃貸物件を探した時点で引っ越しのスケジュールも一緒に組んでおくとスムーズに準備を進めることができます。

苫小牧の賃貸住宅は集合住宅の割合が多く、家賃も他の地域より割高な傾向があります。これは苫小牧が札幌や千歳のベッドタウンとしての側面があり、入居する年数が短いケースが多いためです。