Menu

狭小住宅を購入する際に注目すべきことは?


気になる物件の間取りを確認しよう

狭小住宅は、通常の一戸建てと比べて販売価格が安く設定されているものが多く、住宅購入の費用を抑えたい人から選ばれる傾向があります。こうした住宅に関心がある場合には、早いうちから評判の良いハウスメーカーと相談をして、気になる物件の間取りをチェックすることがおすすめです。特に、リビングや風呂場、寝室などの間取りは、住環境を大きく左右するため、念入りに色々な物件の特徴を比較することが大事です。また、休日を利用して狭小住宅の見学の申込をして、自分の目で間取りの良し悪しを見極めることも重要となります。なお、狭小住宅に関する知識がない人であれば、経験豊かな担当者がアドバイスをしてくれるハウスメーカーにお世話になると良いでしょう。

十分な収納スペースがある物件を優先的に選ぼう

狭小住宅の中には、間取りの関係から収納スペースが不十分なものが少なくありません。そのため、衣料品や日用雑貨品、家電製品などを上手く収納したい場合には、収納スペースがきちんと確保されている物件を優先的に選ぶことがポイントです。最近では、狭小住宅のリビングや寝室に専用のクローゼットを設置しているハウスメーカーも多くあり、住宅の購入後にスムーズに必要なものを収納することが可能です。また、収納スペースの広さや位置などについて詳しく知りたい時には、早い時期に各メーカーの最新の狭小住宅のカタログに目を通したり、実際に長く狭小住宅に住んでいる人の感想を参考にしたりすることがおすすめです。

日本はその国土の狭さから都心部では住宅価格も高騰していますが、15坪以下の土地に建てられた狭小住宅は費用を抑えて都心部に済むことが出来る手段の一つとして人気となっています。