Menu

注文住宅には住宅ローンを使おう!使うメリットとデメリット


住宅ローンを使うメリットとは

注文住宅を建てるときには大半の人が住宅ローンを使用しています。注文住宅で住宅ローンを使うメリットは、大きな資金調達を比較的簡単に行えることです。長期ローンで借り入れ額もかなり大きくできるのは住宅ローンの魅力で、マイホームを購入するときに土地の購入費用も建物の建築費用もカバーすることができます。年収の5倍から8倍程度の借り入れができる場合が多いことから、数千万円の家を建てたいという場合にも大半の資金を調達できるのがメリットでしょう。他のローンに比べて金利も低めになっている商品がほとんどで、ローン期間が長く毎月の支払いもかなり少なくて済むことから、生活への金銭的負担が最小限に抑えられるでしょう。

住宅ローンにもデメリットがある

住宅ローンを使って注文住宅を建てようか、何とかして自己資金が貯まるまで建てるのを諦めようかと悩む人もいます。これは住宅ローンにもデメリットがあるからです。住宅ローンは現金で支払うのに比べると総額で払わなければならない金額は大きくなります。長期ローンにすると利子も大きくなってしまい、いくら毎月の支払いが少なかったとしても損をしている気分になるでしょう。また、金利には色々な仕組みがあり、金利額が低めに設定されている変動金利の商品を選ぶと将来的に大幅に金利が上がってしまって返済が困難になるリスクがあります。逆に金利の変動リスクがない固定金利を選ぶと金利が高めなので負担が大きくなってしまうのが問題です。

大阪の注文住宅は、世帯年収が300万円台でも相談できるハウスメーカがあります。専門家が相談にのってくれるので、お金のことに関しても、色々な方法を提案してくれます。