Menu

注文住宅は自由すぎる!家を建てる前にすべき3つの方法


1注文住宅は決めることが多い!

誰もが一度は憧れる注文住宅。間取りから器具までなんでも自分で決めることができるなんて素敵ですよね。しかし、多くの場合、初めてのことなので、何を選べばよいか迷うことは多いです。事前に対処法を確認しておきましょう。

2自分たちが建てたい家のイメージを固める

まずは自分たちが理想とする家のイメージを持つことが大切です。雑誌を読んだり、モデルハウスを見学に行ったりして、自分たちが建てたい家のイメージを固めましょう。しかし、雑誌やモデルハウスは、見る側に「家を建てたい!」と思わせるためにあると思った方がよいです。家を建てた友達がいれば見せてもらうのも大切です。住みやすさを考えた実用的な「人が住むための」家です。雑誌やモデルハウスからは家のイメージを、人が住んでいる家からは実用性を考えるヒントを得ましょう。

3自分の家作りを現実的なものにしていく。

家は建てた後に後悔する事が多いです。よく聞くのは広さ、間取り、コンセントの位置と数などです。実際使ってみた感想を家を建てた人から聞きましょう。ここで、子供をまだ持っていない家庭と持っている家庭の話を聞けるとよいと思います。子供がいるかいないかで、視点が異なるためです。どちらの視点も参考にすることで、生活スタイルが変わっても住みやすい家になると思います。

3建築のプロの意見を聞く

ハウスメーカーの担当さんの話に意見を聞くことも大切です。基本的にあなたの考えを後押ししてくれますが、「どのようにする方が多いですか?」「あなたはどう思いますか?」と聞くとプロの目から見た意見を言ってくれます。担当さんは、たくさんの家をお客さんとともに設計し、作り上げてきたプロです。家づくりで迷ったら、意見を聞いてみることをおすすめします。

京都の注文住宅を建てる際には、景観条例に気を付けて、京都風の外観を意識したデザインにするように心がけましょう。