Menu

注文住宅の間取りで失敗しないために気を付けておくべきこととは?


実際に住んだ場合の生活をイメージすること

注文住宅を建てる際に起こしがちの失敗の一つに、間取りにこだわりすぎてかえって住みにくくなってしまったということがあります。注文住宅のメリットは、自分の希望する間取りを実現できるという点にありますが、あまりに好き勝手に間取りを決めてしまうと、後になって後悔する羽目になりかねないのです。そのような事態に陥らないようにするためには、家を建てる前に実際に住んだ場合の生活をイメージすることが重要です。例えば、玄関とリビング、キッチンがどのような配置になっていれば、買い物から帰っていて荷物を置くのに便利なのかといった視点で間取りを決めていけば、住み始めてからこんなはずではなかったと感じるリスクを最小限に抑えることができるでしょう。

デザイン性にこだわりすぎないこと

せっかく注文住宅を建てるのだから、なるべくおしゃれなものにしたいと考える人は少なくありませんが、必要以上にデザインにこだわるのは避けた方がよいかもしれません。テレビを見ていると贅を尽くした著名人の豪邸などが紹介される場面をたびたび目にしますが、そういった家は普通の人が建てる家とは規模が違ったりするため、同じように作ろうとすると建物のバランスが悪くなったり、生活動線上に障害ができたりして、かえって住みにくくなる場合が少なくありません。そのため、なるべくデザインはシンプルなものにしつつ、住みやすさを重視して間取りを設計するというのが住みやすい家を建てるためには重要なのです。

千葉の注文住宅では地域事情を考慮するのが大切です。地元に詳しい業者に相談すると自然環境の影響を考慮してもらえます。