Menu

安全な賃貸物件選びに求められるポイント3選


女性の1人暮らしならオートロックは欠かせない

防犯対策を重視した賃貸物件探しをするなら、女性の1人暮らしほどオートロックは欠かせません。なぜなら、直接玄関口まで誰でもたどり着けてしまう状況は、気軽に友人が立ち寄れる代わりに招かれざる客まで入り込んでしまうからです。特にオートロック対応物件のメリットとして、訪問販売や悪質業者を監視カメラ付きのインターフォン越しにマンション入口段階でブロックできる点が大きいです。玄関口をドンドン叩かれてしまうと恐怖を感じる場合であっても、オートロック前ならばインターフォンを切ってしまえば面倒な相手を遮断できます。

管理会社の対応力が賃貸物件ではトラブル防止となる

賃貸物件選びで外せないポイントとして、管理会社の能力が高い物件ほど安心して住み続けることができます。大手の有名な管理会社が必ずしも良いとは限らず、別料金にて24時間対応のコールセンターサービスを外部委託する管理会社は自ら対処しようとしない点で避けるべきです。なぜなら、各入居者としっかり向き合って丁寧な対応を行う賃貸物件ほど、管理会社の対応がしっかりしていて入居者が長く住み続ける傾向にあるからです。

入居者の属性について事前に確認しよう

気に入った賃貸物件を内見する際には、可能な限り壁や床が隣接する部屋について入居者の属性を事前に確認しておくことが望ましいです。なぜなら、家の中を走り回る子供がいる世帯があれば、生活騒音が1人暮らしの人よりも多くなるからです。このため、ファミリー向けの物件と思われる場合ほど、どのような家族構成であって生活騒音や生活サイクルが自分と合っているのか確認してから入居申し込みを行わなければなりません。

登別の賃貸は、冷え込みが厳しくなる時期にしっかり対応するため、最新型のヒーターや電気ストーブなどの設備が整っているところや、室内の窓が二重になっているところが目立ちます。