Menu

二世帯住宅で成功しよう!肝心なのはどこ?


世帯の切り分けを考えよう

二世帯住宅を建てて成功するために重要なのが、世帯ごとの切り分け方をどうするかを十分に相談して設計することです。完全にスペースを共有して生活するのか、一部だけ重なるようにするのか、玄関から切り分けてしまうのかといった大まかには三通りのやり方があります。世帯同士の関係がどうなっているかによってどれがベストかは異なるので十分に相談してから決めましょう。特に一部だけ重なるようにするときにはリビングとキッチンだけなのか、リビングも別々にするのか、廊下はどうするのかなど、論点はとてもたくさんあります。お互いの世帯が納得しないと成功にはならないので、互いの意見を正直に出し合って話をまとめていきましょう。

納得できる立地を選ぼう

二世帯住宅でもう一つ成功のカギとなるのが立地です。特に働いている人が多い場合に大きな影響があるのが立地で、親世帯も子世帯も共働きをしているようなケースでは立地が問題になる傾向があります。誰もが働きやすい場所に土地があれば良いですが、見つからないときに誰がどう妥協するのかを慎重に議論しなければなりません。二世帯住宅は一世帯住宅に比べると広めの土地が必要になるので、地域によっては便利なところに住めないリスクがあります。それも加味してどこに住むのか、二世帯住宅に住み始めてから仕事をどうするのかを話し合いましょう。良い落としどころを見つけて全員が納得できるようにするのを目標にして相談を進めていくのが大切です。

二世帯住宅を購入する際、キッチンやバス等水回り設備を共用するか否かが大きなポイントになります。同居する親世代とのライフスタイルの違いを考慮し、話をすすめていくと良いでしょう。